タンゲ化学工業 レディース 【楽天最安値に挑戦】 ベビー 2.0L ピンク 1個 62%以上節約 カバー付

タンゲ化学工業 レディース&ベビー 2.0L カバー付 ピンク 1個

ダイエット、健康 , 冷え対策、保温グッズ , 湯たんぽ,ピンク,タンゲ化学工業,697円,1個,レディース&ベビー,qubol.com.sa,カバー付,2.0L,/biciliated862364.html 697円 タンゲ化学工業 レディース&ベビー 2.0L カバー付 ピンク 1個 ダイエット、健康 冷え対策、保温グッズ 湯たんぽ タンゲ化学工業 レディース ベビー 2.0L ピンク 1個 62%以上節約 カバー付 ダイエット、健康 , 冷え対策、保温グッズ , 湯たんぽ,ピンク,タンゲ化学工業,697円,1個,レディース&ベビー,qubol.com.sa,カバー付,2.0L,/biciliated862364.html 697円 タンゲ化学工業 レディース&ベビー 2.0L カバー付 ピンク 1個 ダイエット、健康 冷え対策、保温グッズ 湯たんぽ タンゲ化学工業 レディース ベビー 2.0L ピンク 1個 62%以上節約 カバー付

697円

タンゲ化学工業 レディース&ベビー 2.0L カバー付 ピンク 1個

5980円(税込)以上で送料無料

【商品概要】

湯たんぽ本体の上にプラスチックカバーがあるので間接的に優しく温めてくれるソフトゆたんぽ。

■ 空気の層で優しく暖めるポリ湯たんぽです。

■ 身体から水分を吸収せずにやわらかな温度で暖めますので、刺激も少なく、のども痛めません。

■ 本体とカバーの間に暖かい空気の層ができ、その暖かな空気がやさしく外側に発散されます。

■ ご家族皆様でお使いいただける立つ湯たんぽです。

■ ソフトタイプ。

■ 袋付。

■ グッドデザイン賞受賞製品

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります


■ 仕様
仕様サイズ:幅約275×奥行235×高さ100mm

耐熱温度: 本体/110℃、キャップ/120℃
カラー:ピンク
付属品:湯たんぽカバー1枚
重量:600g

内容量:2L

材質・成分:本体/ポリエチレン、キャップ/ポリプロピレン
生産国:本体:日本 カバー:中国

【メーカー・ブランド】
TANGE / たんげ化学工業【#00000150】

|||]

タンゲ化学工業 レディース&ベビー 2.0L カバー付 ピンク 1個

日本文化の入り口マガジン和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月13日(水)

富は一生の宝、知は万代の宝(日本のことわざ)

読み物
上野はいつか子どもと一緒に行きたい町No.1!!
トーハク前の噴水で、遊ぶ子どもの声聞けば、我が身さえこそ揺るがるれ。
黒田直美
東京都台東区上野にある国立国会図書館国際子ども図書館は、周辺に東京国立博物館や国立科学博物館、国立西洋美術館などの歴史的建造物が並ぶ文化の香り高いエリアにあります。このような文化度の高い場所にある国際子ども図書館ですが、外観も高級ホテルを思わせる瀟洒な建物で、扉を開けるや、いきなり外国人スタッフが出てきて……なんてことを想像してしまうほど、優雅な雰囲気。でもなぜ、国際子ども図書館がこのような様相となっているのでしょうか。その歴史を紐解きながら、図書館創設にかかわった人々の思いを追いかけます。
三浦胤義 bot
令和4(2022)年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』予習シリーズ、人物編! 今回は13人の1人、足立遠元(あだち とおもと)殿!!足立殿はその名の通り、現在の東京都足立区~埼玉県北足立郡あたりを本拠地とした武士だ! 足立区民、北足立郡民の読者は全力で推してくれ!!
おーまいがあ! あ、和樂web公式SUZURIページに、高木編集長直筆文字☆の「アダチグッズ」ありますYO!
 
書いた人:馬場紀衣

人魚の肉を食べて800歳まで生きた「八百比丘尼」不老長寿に飽きた女のエキセントリックな一生

脳卒中の機能評価 SIASとFIM 応用編
書いた人:和樂web編集部

縄文の息吹を感じる!埼玉県北本市の土を使った陶器が完成!【きたもと縄文焼き物プロジェクト】

書いた人:三浦胤義 bot

京の貴族をお・も・て・な・し♡市原隼人演じる八田知家ってどんな人?【鎌倉殿の13人】

書いた人:門賀美央子

イザナミは経腟分娩だった!?日本神話の国土生成事業の実態に迫る「ひねくれ日本神話考〜ボッチ神の国篇vol.6〜」

藝大という秘境の「出島」であれ! 藝大・澤学長に聞く、藝大アートプラザの使命と未来

アウトレット品 テトラ ベタ プロジェクター bordeaux 訳あり お一人様5点限り
書いた人:和樂web編集部

おしゃれの本当の意味、喜びとは?白洲正子の長女がつづる「装いのプリンシプル」

あの「光源氏」は暗い晩年を送っていた。愛欲にまみれた中年男が、妻の愛を失う日

書いた人:樽瀬川

推しから読んでみる『平家物語』!平重盛登場回を3分で紹介

01014/C ASウオタニ SP2パワーコイルKIT汎用 2P×2(2・4気筒)
書いた人:木村 悦子

三種の神器って何?誰も見たことのない宝物の正体に3分で迫る

【超難読】「人鳥」何て読む?ヒントは海で暮らすカワイイ動物です!

書いた人:大山格

水戸藩士・藤田東湖ほか御老公の巻き添えで処罰された者たちが宥免——幕末維新クロニクル(1846年12月)

書いた人:北村 由起

この対談クセが凄いぞ!「新屋島水族館」の公式キャラが真剣に考える水族館の新世界【香川】

今日の気になる
編集部スタッフの気になるコンテンツ
粉がつらい季節ですね。
鼻づまりは苦しいし、のども痒いし、声は出ないし、頭もボーーーっとする。
箱ティッシュがお友達で鼻の下がじんじん痛い……。
薬を飲むのが苦手なので、これまで薬は飲まずに対抗してきましたが、
今年ついに限界が。
薬局で2000円もする薬を買って飲んでみましたが、若干手遅れ。
漢方薬局に相談しに行ってみようかな(スタッフきむら)